Westinghouse Electric CompanyがRSA SecurIDを採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

Westinghouse Electric CompanyがRSA SecurIDを採用(米RSA Security)

 米RSA Securityが6月16日、Westinghouse Electric CompanyがWebアクセス管理ソフトウェアのRSA ClearTrustおよびRSA SecurIDを採用したと発表した。これによりWestinghouseは、ユーザに対してWebベース・アプリケーションへのシングル・サインオン機能を提供しながら、

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityが6月16日、Westinghouse Electric CompanyがWebアクセス管理ソフトウェアのRSA ClearTrustおよびRSA SecurIDを採用したと発表した。これによりWestinghouseは、ユーザに対してWebベース・アプリケーションへのシングル・サインオン機能を提供しながら、企業全体のコスト削減、ネットワークの効率向上、ビジネス・プロセスの合理化を図る。また、Westinghouseは、RSA SecurID二要素認証ソフトウェアもあわせて実装し、権限を持つユーザだけが自社固有の機密ビジネスの情報にアクセス可能となった。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200306161.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×