「アダプティブ・エッジ・アーキテクチャ」に基づいた新製品を発表(日本HP) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

「アダプティブ・エッジ・アーキテクチャ」に基づいた新製品を発表(日本HP)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、同社が提唱するエンタープライズ・ネットワーク・アーキテクチャ「アダプティブ・エッジ・アーキテクチャ」に基づいた新製品「HP ProCurve Switch 2626」「HP ProCurve Secure Access 700wlシリーズ」の2製品を発表した。前者はギガビットポートを備えたLANスイッチの新製品。高機能スイッチとしての機能を装備しつつ低価格を実現。また故障時の無償交換を保証するライフタイム・ワランティ付き。価格は19万2千円。6月20日より出荷開始。後者は、ユーザベースのポリシー設定が可能な無線LAN対応のアクセスコントローラ製品群。L3レベルのローミングを提供し、サブネットワーク間を移動した場合にもセッション情報を維持できるのが特長。IEEE802.11対応で、さらに新規格IEEE802.11gにも準拠。価格は120万円〜。10月1日より販売開始予定。

http://www1.jpn.hp.com/info/newsroom/pr/fy2003/fy03-132.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×