7月より金融決済が可能な赤外線通信規格「IrFM」の認証サービスを提供(オープンインタフェース) | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

7月より金融決済が可能な赤外線通信規格「IrFM」の認証サービスを提供(オープンインタフェース)

 オープンインタフェース株式会社は、7月上旬より赤外線通信規格「IrFM(Infrared Financial Messaging)」の日本で唯一の認証機関として、認証サービス提供を開始すると発表した。IrFMは、IrDA規格の一仕様で、赤外線通信による金融決済を可能とする規格。既存のクレジ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 オープンインタフェース株式会社は、7月上旬より赤外線通信規格「IrFM(Infrared Financial Messaging)」の日本で唯一の認証機関として、認証サービス提供を開始すると発表した。IrFMは、IrDA規格の一仕様で、赤外線通信による金融決済を可能とする規格。既存のクレジットカードやデビットカードなどと互換性があり、赤外線通信を利用した電子決済などが行える。同社では、今後携帯端末を中心とした多くの機器へのIrFM採用を予想しており、認証を実施することで、ユーザが各種機器を安心して利用できる環境が整うと考えている。

http://www.oii.co.jp/archives/news_20030610.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×