7月より金融決済が可能な赤外線通信規格「IrFM」の認証サービスを提供(オープンインタフェース) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

7月より金融決済が可能な赤外線通信規格「IrFM」の認証サービスを提供(オープンインタフェース)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 オープンインタフェース株式会社は、7月上旬より赤外線通信規格「IrFM(Infrared Financial Messaging)」の日本で唯一の認証機関として、認証サービス提供を開始すると発表した。IrFMは、IrDA規格の一仕様で、赤外線通信による金融決済を可能とする規格。既存のクレジットカードやデビットカードなどと互換性があり、赤外線通信を利用した電子決済などが行える。同社では、今後携帯端末を中心とした多くの機器へのIrFM採用を予想しており、認証を実施することで、ユーザが各種機器を安心して利用できる環境が整うと考えている。

http://www.oii.co.jp/archives/news_20030610.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×