米国防総省と鍵管理インフラストラクチャ契約を締結(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

米国防総省と鍵管理インフラストラクチャ契約を締結(米RSA Security)

 米RSA Securityは6月2日、米国防総省(DoD)と「RSA Keon Certificate Authority」の契約を締結したと発表した。この契約は、必要な鍵管理アーキテクチャ達成の基礎となる一連の契約の最初の1つで、2002年第4四半期に承認されたもの。米国防総省では、鍵管理インフラス

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは6月2日、米国防総省(DoD)と「RSA Keon Certificate Authority」の契約を締結したと発表した。この契約は、必要な鍵管理アーキテクチャ達成の基礎となる一連の契約の最初の1つで、2002年第4四半期に承認されたもの。米国防総省では、鍵管理インフラストラクチャ用に2つの認証局を構築しており、その一方にRSA Keonデジタル証明書管理ソフトウェアを導入してる。今回の契約により、高度なセキュリティ、相互操作性、オープン・スタンダード、使い易さ、スケーラビリティを提供するとのこと。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200306023.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×