(財)日本データ通信協会のWEBに複数のセキュリティホール 概要 | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

(財)日本データ通信協会のWEBに複数のセキュリティホール 概要

 日本データ通信協会のWebサイトに個人情報漏洩と匿名メールの第三者不正中継の問題があり、さらにウイルスに感染するなどの被害が発生した。  同協会のWEBに設置されている講演会申込用のcgiにセキュリティ上の不備があることが明らかになった。この不備のために、サ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本データ通信協会のWebサイトに個人情報漏洩と匿名メールの第三者不正中継の問題があり、さらにウイルスに感染するなどの被害が発生した。
 同協会のWEBに設置されている講演会申込用のcgiにセキュリティ上の不備があることが明らかになった。この不備のために、サーバ内の任意のデータ、例えばこの講演申込み者約120名の個人情報が納められたファイルが、誰からも容易に閲覧可能であった。また、このcgiを利用して匿名メールや匿名spamを出すことが可能であった。その他、cgiの書き込み権限を利用して、任意のファイルに情報を書き加えられる可能性があった。
 実際に、同協会では昨日WEBファイルが書き換えられ、ウイルスを埋め込まれるという事件が発生している。

財団法人日本データ通信協会 ホームページの不具合に対してのお詫び
http://www.dekyo.or.jp/owabi.htm

office
office@ukky.net
http://www.office.ac/

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×