月間「インターネット・セキュリティレポート」を発表(シマンテック) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

月間「インターネット・セキュリティレポート」を発表(シマンテック)

 株式会社シマンテックは6月5日、2003年5月度における月間「ウイルス被害ランキング」および「不正アクセスランキング」を発表した。同レポートによる5月のウイルス被害1位は、前月と変わらず「W32.Klez」で被害件数296件。続く2位は「HTML.Redlof.A」で168件、3位は「

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社シマンテックは6月5日、2003年5月度における月間「ウイルス被害ランキング」および「不正アクセスランキング」を発表した。同レポートによる5月のウイルス被害1位は、前月と変わらず「W32.Klez」で被害件数296件。続く2位は「HTML.Redlof.A」で168件、3位は「W32.HLLW.Fizzer@mm」で120件であった。5月は、「W32.HLLW.Fizzer@mm」や「W32.Sobig.B@mm」「W32.Sobig.C@mm」による被害は日本国内でも広がっている。Klez同様、こういった差出人を詐称するタイプのウイルスは、エラーメールが大量に届くといった被害をもたらす。「不正アクセスランキング」では、前月同様、CodeRedの攻撃を検出した「Microsoft Index Server/Indexing Services ISAPI Buffer Overflow Attack」が、349件と最も多く報告された。また、5位に新たにランクインした「Microsoft FrontPage Sensitive Page Attack」は、リモート・ユーザがMicrosoft のFrontPageサーバに対し、あるページを閲覧しようとしている時に発生するイベントで、201件の報告があった。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year03/030605.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×