5月のウイルス感染被害レポートを発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

5月のウイルス感染被害レポートを発表(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 トレンドマイクロ株式会社は、日本国内における2003年5月度のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。同レポートによる5月の1位は「WORM_KLEZ」で被害件数は501件。前月の350件を上回る結果となった。2位は「VBS_REDLOF」で330件、3位は「WORM_OPASARV」で141件と、いずれも前月を上回る結果となっており、全体の被害件数も2,710件と、前月の2,550件に比べ増加した。これは、新種ウイルスや既存ウイルスの亜種が頻出したことが大きく影響しているとのこと。5月は、4位の「WORM_LOVGATE」の亜種や、新種で6位の「WORM_FIZZER.A」、3位の「WORM_OPASARV」、7位の「WORM_BUGNEAR.A」、10位の「WORM_DELODER.A」のすべてがバックドアを作成している。

http://www.trendmicro.com/jp/security/report/report/archive/2003/mvr0305.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×