宮城沖地震で気象庁の情報収集システムの弱点が露呈 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

宮城沖地震で気象庁の情報収集システムの弱点が露呈

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕──
セキュリティメルマガ 春の [85%] オフキャンペーン

【個人のお客様向け特別セット】既存のお客様もキャンペーン対象!
SCANシリーズ4誌合わせても4,800円/年   <<5月31日まで>>
お申込は→ http://shop.vagabond.co.jp/85/
───────────────────────────────────


 5月26日に宮城県沖で発生した地震で、気象庁の情報収集システムの弱点が多数露呈している。例えば、全国からの震度データを収集するシステムで震度6弱の地点数が減少するというトラブルが発生していたが、その原因は情報の数が5000件を超えると古い情報から消えてしまうことが原因であった。

気象庁:2003年5月26日18時24分ころ発生した地震の震度情報(第3報)の一部が欠落したことについて
http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jma/press/0305/26a/0526miyagi03.pdf

※PDFファイルに直接リンクされています。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×