Linuxサーバ向けアンチウィルスソフトウェアの新バージョンを発表(ホライズン・デジタル・エンタープライズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

Linuxサーバ向けアンチウィルスソフトウェアの新バージョンを発表(ホライズン・デジタル・エンタープライズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズは5月27日、HDE Controllerシリーズ、HDE File Serverにウイルススキャンと駆除の機能を付加するオプションソフトウェア、「HDE Anti-Virus 3.0 for Server」および、「HDE Anti-Virus 3.0 for Gateway」を、6月20日より販売開始すると発表した。「for Server」は、ファイルサーバやWebサーバのコンテンツを定期的にチェックし、自動的にウイルスの駆除を行う。「for Gateway」は、メール送受信やWebブラウジング、FTPによるファイル送受信時の通信内容をリアルタイムに監視し、ウイルスの検出と削除を行う。価格は、「for Server」が50,000円。「for Gateway」が25ユーザで117,000円〜。

http://www.hde.co.jp/press/pressrelease/release.php?rd=200305270
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×