次世代インターネット普及度測定の共同研究を開始 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

次世代インターネット普及度測定の共同研究を開始

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕──
セキュリティメルマガ 春の [85%] オフキャンペーン

【個人のお客様向け特別セット】既存のお客様もキャンペーン対象!
SCANシリーズ4誌合わせても4,800円/年   <<5月31日まで>>
お申込は→ http://shop.vagabond.co.jp/85/
───────────────────────────────────


 インテック・ネットコアと、日本レジストリサービス(JPRS)は、JPドメイン名を利用した次世代インターネット規格IPv6の普及度測定の共同研究を開始した。この研究では、IPv6移行の進展度を調査、発表することで、企業などにIPv6移行指標として利用されることを狙いとしいる。また、IPv6移行状況の調査、分析を通じ、これからIPv6の移行が始まる国々への展開の応用事例として調査結果を活用していく。JPRSがJPドメイン名全体の登録状況を調査し、インテック・ネットコアがこれに基づいて企業網や家庭網におけるIPv6の移行状況の調査を実施する。

インテック・ネットコア
http://www.inetcore.com/index2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×