警察庁、ネット競売に認定制度を設ける古物営業施行規則改正試案 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

警察庁、ネット競売に認定制度を設ける古物営業施行規則改正試案

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕──
セキュリティメルマガ 春の [85%] オフキャンペーン

【個人のお客様向け特別セット】既存のお客様もキャンペーン対象!
SCANシリーズ4誌合わせても4,800円/年   <<5月31日まで>>
お申込は→ http://shop.vagabond.co.jp/85/
───────────────────────────────────


 警察庁は5月22日、インターネット・オークション業者に、都道府県公安委員会が業者に認定を与える新制度などを盛り込んだ「古物営業法施行規則」の改正試案をまとめた。認定には、業者による出品者確認の徹底、製造番号を持つ古物を出品する際に出品者にその番号を掲示するよう働きかける、盗品と気付いた利用者が業者に通報できる機能をホームページ上に用意する、営業時間外でも、警察からの連絡を15時間以内に受けられる態勢を作るといった要件が想定されている。また、同庁では改正試案に対する意見の募集も行っている。


警察庁
http://www.npa.go.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×