SAMBA向けアンチウイルス製品にF-Secureアンチウイルスを採用(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.28(月)

SAMBA向けアンチウイルス製品にF-Secureアンチウイルスを採用(日本エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本エフ・セキュア株式会社は5月21日、日本ラッド株式会社の提供する
SAMBA向けアンチウイルス製品に、「F-Secureアンチウイルス Linuxサーバ
版」が採用されたと発表した。日本ラッドは、SAMBAを使ったLinuxによる
Windows用ファイルサーバに対してリアルタイムでファイル入出力のウイルスチェックを行う「FSAV for SAMBA」を、7月10日より販売開始する。SAMBAは、Windowsユーザ用ファイルサーバをWindowsサーバなしに構築するためのモジュール。今回販売される「FSAV for SAMBA」は、ウイルスをリアルタイムで阻止し、Windowsユーザが共有ディレクトリに既に侵入しているウイルスにアクセスする際、リアルタイムでウイルスの駆除を行うことが可能。この製品には、「F-Secureアンチウイルス Linuxサーバ版 Ver4.50」を使用しており、マルチエンジンによる高検知率、常駐デーモンによる連続高速処理等の機能が実装されている。「FSAV for SAMBA」の価格は1サーバあたり5万円。

http://www.f-secure.co.jp/news/200305212/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×