「co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期」を販売開始 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.26(火)

「co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期」を販売開始

製品・サービス・業界動向 業界動向

 SCAN編集部は、国内co.jpドメイン、ホスト約23万件の網羅的なデータベースを発表した。このデータベースは、日本国内の企業の約23万件のドメインについて、網羅的な情報を調査し、データベース化したもの。調査は、定期的に実施されており、今回公開されるデータベースは2003年3月下旬に調査を行った。
 提供されるデータベースの種類は、OS、WWW、pop、smtp、ordbの5つ。ホスト名だけでなく、ドメイン保有者、IP保有者およびレンタルサーバあるいはホスティングを利用している場合の事業者と推定される企業名も含んでいる。また、事業者別、事業者−IPアドレス別の集計結果なども含まれており、これらを見ると、レンタルサーバ事業者の管理状態や不正中継データベースへの登録状態が一目でわかる。

リリース
http://vagabond.co.jp/top/pressr/press/200305222.html

「co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期」
http://shop.vagabond.co.jp/p-cod02.shtml


※調査結果の詳細はScan本誌をご覧ください
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×