IDSと連動した不正アクセス被害判別システムを開発(沖電気工業) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

IDSと連動した不正アクセス被害判別システムを開発(沖電気工業)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 沖電気工業株式会社は5月21日、侵入検知システム(IDS)との連動により、サーバへの被害を自動検出し、運用管理者に通知する「被害判定システム」を業界で初めて開発したと発表した。同システムは、ネットワークを監視するIDSと、今回新しく開発された "インターネットサーバへの不正アクセスの痕跡を効率良く検知する技術" を連携させることにより、IDSの誤報問題を改善し、運用管理者の負担を大幅に軽減するというもの。商品化は今夏を予定しており、5月21日に「東京国際展示場」で開催される「LinuxWorld Expo/Tokyo 2003」に参考出展されるとのこと。

http://www.oki.com/jp/Home/JIS/New/OKI-News/2003/05/z03013.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×