完全に日本語化したLinuxデータ・バックアップソフトを発表(コンピュータ・アソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

完全に日本語化したLinuxデータ・バックアップソフトを発表(コンピュータ・アソシエイツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 コンピュータ・アソシエイツ株式会社は5月14日、バックアップ・ソフトの新標準「BrightStor ARCserve Backup v9 for Linux日本語版」を発表した。今回の製品は、Linuxデータ・バックアップ機能を完全に日本語化したソフト。インストール・プロセスが簡略化され、一度に複数のエージェントとオプションを選択できる。また、同社のセキュリティ・ソリューションeTrust Antivirusテクノロジにより、バックアップ・データをウイルスから完全に保護でき、シグネチャファイルの更新もJava GUIの使用により容易にスケジューリング可能となっている。さらに新オプションにより、MySQLデータベース、Apache Webサーバに対し、24時間365日のホット バックアップを行う。価格は、標準価格98,000円〜。6月末より出荷開始を予定している。

http://www.caj.co.jp/press/2003/05/bab9l.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×