「Meta IP DHCP」にユーザ管理機能「認証DHCPフレームワーク」を追加(Check Point Software Technologies) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

「Meta IP DHCP」にユーザ管理機能「認証DHCPフレームワーク」を追加(Check Point Software Technologies)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 Check Point Software Technologies社は、子会社の米MetaInfo社がMeta IP製品のアーキテクチャを強化し、「Meta IP DHCP」に新たなユーザ管理機能を追加したと発表した。追加された新機能 「認証DHCPフレームワーク」は、ネットワーク中のDHCPクライアントのIPアドレス要求に対し認証を行ない、ユーザを把握した上でIPアドレスを割り当てるもの。これにより、DHCPサーバよりダイナミックに割り当てられたIPアドレスを使用するユーザに対する監査、レポート作成および追跡能力が大幅に向上し、不特定多数のユーザが接続する可能性のあるDHCP環境下でのネットワーク・セキュリティの維持およびDHCPクライアント管理を強化することが可能となる。

http://www.checkpoint.co.jp/pr/2003/20030428.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×