各OSに対応した「OSセキュリティ強化サービス」を発表(日本HP) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

各OSに対応した「OSセキュリティ強化サービス」を発表(日本HP)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、Linux、Windows、hp-uxの各OSに対応した「OSセキュリティ強化サービス」の提供を開始した。これは、各OSの機能、特性に合わせて最善のセキュリティ強化策をソフトウェアとサービスで提供するもので、Linuxに対しては、同社が独自開発した「hp Compartment Guard for Linux」を、Windowsでは英HPが英国政府用に独自開発した「hp Security Enhanced Windows2000/XP」をそれぞれ提供する。またhp-uxについては、OS開発ベンダの強みを生かして、カーネル・レベルの内部情報を利用したセキュリティ機能などを無償で提供する。hp-ux対応サービスは現在提供中。Linux対応は5月、Windows対応は8月に開始する予定。

http://www.jpn.hp.com/info/pr/fy2003/fy03-093.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×