NTTコムがIP-VPNのバックボーンに「Fast Reroute」を導入(米Cisco Systems) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.20(日)

NTTコムがIP-VPNのバックボーンに「Fast Reroute」を導入(米Cisco Systems)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米Cisco Systems社は、NTTコミュニケーションズが、IP-VPNサービス「Arcstar IP-VPN」のバックボーンネットワークに、同社の最新MPLS技術の1つであるTE(Traffic Engineering)の高速迂回機能「Fast Reroute(FRR)」を導入したことを発表した。同機能は、バックボーンネットワークに故障が発生した際に、予め設定した迂回路に瞬時に切り替えることにより、ユーザのトラフィックを確保するもの。SONET/SDH(光同期伝送網)と同レベルの高速迂回(数十ミリ秒)が可能で、仮にネットワーク故障が発生しても、IP-VPNユーザはそれを検知することなくサービスを継続利用することが可能となり、信頼性が向上する。

http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/news/pr/2003022.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×