Linuxを初期搭載したIAサーバに各社ソフトをチューニングして提供(日本IBM、サイボウズ、ISS、トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2022.01.17(月)

Linuxを初期搭載したIAサーバに各社ソフトをチューニングして提供(日本IBM、サイボウズ、ISS、トレンドマイクロ)

 日本IBM株式会社、サイボウズ株式会社、インターネット セキュリティ システムズ株式会社(ISS)、トレンドマイクロ株式会社の4社は4月23日、Linuxソリューションを初期搭載したIA(インテル・アーキテクチャ)サーバ「IBM eServer xSeries Linuxソリューション・モデ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本IBM株式会社、サイボウズ株式会社、インターネット セキュリティ システムズ株式会社(ISS)、トレンドマイクロ株式会社の4社は4月23日、Linuxソリューションを初期搭載したIA(インテル・アーキテクチャ)サーバ「IBM eServer xSeries Linuxソリューション・モデル」2種を発表した。今回の製品は、Red Hat Linux 7.3を初期搭載したIBMのIAサーバ「IBM eServer xSeries」に、「サボウズガルーン」とISSの「RealSecure」を導入したもの。今年夏までには、トレンドマイクロのウイルス対策ソフトウェア「InterScan VirusWall」を導入したソリューションを提供する予定。これらのモデルは、各社のソフトウェアをLinuxおよびxSeriesと組み合わせて最適な環境で稼働環境にチューニングして提供する。価格は、「xSeries サイボウズガルーン プリインストールモデル」が390,600円〜、「xSeries RealSecure Network Sensor プリインストールモデル」が695,220円。4月23日より販売開始し、5月9日より順次出荷する予定。

http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2003/news030423b.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×