セキュリティ管理ソフト「IBM Tivoli Identity Manager V4.4」を発売(日本IBM) | ScanNetSecurity
2022.05.20(金)

セキュリティ管理ソフト「IBM Tivoli Identity Manager V4.4」を発売(日本IBM)

 日本IBM株式会社は、統合ユーザセキュリティ管理ソフトの最新版「IBM Tivoli Identity Manager V4.4」を発売する。同製品は、複数システムにまたがるユーザ情報を一括管理する機能を提供するもので、新バージョン4.4では、ユーザ情報のライフサイクル管理(設定から変

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本IBM株式会社は、統合ユーザセキュリティ管理ソフトの最新版「IBM Tivoli Identity Manager V4.4」を発売する。同製品は、複数システムにまたがるユーザ情報を一括管理する機能を提供するもので、新バージョン4.4では、ユーザ情報のライフサイクル管理(設定から変更、失効)を自動化する「プロビジョニング(Provisioning)」機能の強化により、管理の手間が低減。また、40種を超えるOSやRDB、アプリケーションをサポートしている。出荷は5月6日から。価格は10,270,000円(1,000ユーザ、10CPUの場合)〜。

http://www.ibm.com/news/jp/2003/04/04173.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×