米政府機関の90%でF-Secure SSHを導入(エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

米政府機関の90%でF-Secure SSHを導入(エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 エフ・セキュア社は4月21日、米政府機関の90%でF-Secure SSHの機能強化版が導入されたと発表した。F-Secure SSHの暗号ライブラリは、世界で初めてFIPS 140-1(米連邦政府情報処理規格 140-1)認定を取得した製品。機能強化版では、PKI対応、多様なテスト、厳格な品質管理など、SSHの機能を強化してネットワークの脆弱性を低減するなど、政府機関や高度な機密性が要求されるアプリケーションに適した仕様になっている。同製品は、内国税歳入局、連邦捜査局、国防総省、司法省、麻薬取締局、国防長官室、国防情報システム局、財務省、米国税関、空軍、航空宇宙局ほか、多くの政府機関で採用されている。

http://www.f-secure.co.jp/news/200304211/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×