F-Secureアンチウイルス Linuxサーバ版 Ver4.50をリリース(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2022.05.20(金)

F-Secureアンチウイルス Linuxサーバ版 Ver4.50をリリース(日本エフ・セキュア)

 日本エフ・セキュア株式会社は4月17日、「F-Secureアンチウイルス Linuxサーバ版 Ver4.50」をリリースした。F-Secureアンチウイルス Linuxサーバ版は、Linuxベースのファイルサーバ、Webサーバ、FTPサーバのウイルスチェックに広く利用されているウイルス防御ソリュー

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本エフ・セキュア株式会社は4月17日、「F-Secureアンチウイルス Linuxサーバ版 Ver4.50」をリリースした。F-Secureアンチウイルス Linuxサーバ版は、Linuxベースのファイルサーバ、Webサーバ、FTPサーバのウイルスチェックに広く利用されているウイルス防御ソリューション。今回のバージョンアップでは、ウイルス検査エンジンを複数搭載によるウイルス検知率・対応時間の改善、ウイルス検査の常駐デーモン化によるスキャン性能の向上、定義ファイルの更新をFTPプロトコルからHTTPプロトコルに変更し、機能を強化している。同製品の価格は1サーバ ユーザ数無制限で35,000円。4月17日より、サポート契約ユーザに対するWebからのソフトウェアダウンロードおよび媒体送付を開始する。

http://www.f-secure.co.jp/news/200304172/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×