地方公共団体向けサーバ管理ソフトウェアの新バージョンを発表(ホライズン・デジタル・エンタープライズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

地方公共団体向けサーバ管理ソフトウェアの新バージョンを発表(ホライズン・デジタル・エンタープライズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズは4月10日、地方公共団体向けLinuxサーバ管理ソフトウェアの新バージョン「HDE Controller 3.0 LG Edition」を5月30日より販売開始すると発表した。同製品は、自治体LANと総合行政ネットワーク(LGWAN)とを結ぶゲートウェイサーバの構築、および管理に特化したソフトウェア。Linuxサーバに同製品をインストールするだけで、既存のLAN/インターネット環境を壊すことなくLGWANへのスムーズな接続が可能になる。新バージョンでは、スクリプト実行による自動の障害復旧も可能にする自己監視機能、OSアップデート機能など、セキュリティ機能が強化されている。同社が総務省の調査結果より算出したデータによると、2003年3月までにLGWANを導入した自治体の約20%が同製品を利用しているとのこと。

http://www.hde.co.jp/press/pressrelease/release.php?rd=200304100
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×