Webサーバ用128Bit SSL証明書「Phoenix SSL」の提供開始(C-Int) | ScanNetSecurity
2022.05.20(金)

Webサーバ用128Bit SSL証明書「Phoenix SSL」の提供開始(C-Int)

 シーイント システムコンサルティング株式会社(C-Int)は、4月10日より、Webサーバ用128Bit SSL証明書「Phoenix SSL」の提供を開始した。同製品は、購入後30日間の無償再発行、他社SSL証明書の20%〜50%以下コストで導入できるのが特長。製品は用途に併せて3種類。イ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 シーイント システムコンサルティング株式会社(C-Int)は、4月10日より、Webサーバ用128Bit SSL証明書「Phoenix SSL」の提供を開始した。同製品は、購入後30日間の無償再発行、他社SSL証明書の20%〜50%以下コストで導入できるのが特長。製品は用途に併せて3種類。インターネットWebサーバ用SSL証明書(1台毎)「Phoenix SSL」29,000円〜。インターネットWebサーバ用SSL証明書(ドメイン全台利用可)「Phoenix SSL Corporate Wildcard」198,000円。インターネット接続していないWebサーバ用SSL証明書「Phoenix SSL Intranet」12,800円。

http://www.phoenixssl.net/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×