CCCDを挿入しただけで特定のファイルが破壊される報告 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.25(水)

CCCDを挿入しただけで特定のファイルが破壊される報告

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕──
セキュリティメルマガ 春の [85%] オフキャンペーン

【個人のお客様向け特別セット】既存のお客様もキャンペーン対象!
SCANシリーズ4誌合わせても4,800円/年   <<5月31日まで>>
お申込は→ http://shop.vagabond.co.jp/85/
───────────────────────────────────


 CCCD(コピーコントロールCD)をPCに挿入しただけで、Windows上の特定のファイルが同意確認なしに破壊されるという問題がセキュリティホールmemoメーリングリストに報告されている。報告によると、Windows PCに初めてCCCDを挿入した際に、C:ドライブ直下に置いた「UNWISE.EXE」というファイルが上書きされたという。また、当該ファイルの属性をプロパティのセキュリティ項目で変更拒否にチェックを入れておくことで問題を回避できたという報告もある。


セキュリティホールmemoメーリングリスト
挿入しただけでCCCDが同意確認なしに特定のファイルを破壊する
http://memo.st.ryukoku.ac.jp/archive/200304.month/5722.html
http://memo.st.ryukoku.ac.jp/archive/200304.month/5737.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×