3月の不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

3月の不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC)

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は4月3日、2003年3月の不正アクセス届出状況を発表した。3月の届出件数は29件。そのうちサーバが対象となったものが7件、侵入被害に遭ったものが3件(Webサーバ2件、FTPサーバ3件)であった。特に深刻な侵入被害

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は4月3日、2003年3月の不正アクセス届出状況を発表した。3月の届出件数は29件。そのうちサーバが対象となったものが7件、侵入被害に遭ったものが3件(Webサーバ2件、FTPサーバ3件)であった。特に深刻な侵入被害事例として、Webサーバの管理者(root)権限が奪われ、ファイル改ざんや不正なプログラムを埋め込まれ、他のサイトへの攻撃の起点として利用されるといったものがあったとのこと。同協会では、セキュリティ対策の継続した実施を管理者へ要請している。

http://www.ipa.go.jp/security/crack_report/20030403/0303.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×