2002年の情報セキュリティの実態に関する調査結果を公表(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity
2022.05.20(金)

2002年の情報セキュリティの実態に関する調査結果を公表(IPA/ISEC)

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、「2002年の情報セキュリティの実態に関する調査」を実施し、その調査内容を公表した。その中で同協会は、2002年1年間に発生したコンピュータウイルス感染による企業の被害額は4400億円で、2001年度のGDP(50

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、「2002年の情報セキュリティの実態に関する調査」を実施し、その調査内容を公表した。その中で同協会は、2002年1年間に発生したコンピュータウイルス感染による企業の被害額は4400億円で、2001年度のGDP(502兆6183億円)の約0.09%に相当すると試算した。また、併せて実施した国内および海外におけるコンピュータウイルス被害状況調査によれば、コンピュータウイルスに感染した割合は、米国26.7%、日本35.4%に対し、台湾は41.1%、韓国は63.3%と非常に高い感染率となっていることが分かった。詳しい各報告書はPDFにて同協会サイトに掲載されている。

http://www.ipa.go.jp/security/fy14/reports/current/model-4400.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×