セキュリティエンジン内蔵のコミュニケーション・プロセッサを発表(米IDT) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

セキュリティエンジン内蔵のコミュニケーション・プロセッサを発表(米IDT)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米IDT社は4月8日、ハードウェアで高速化されたインターネット・プロトコル・セキュリティ(IPSec)機能を持つ新しい統合コミュニケーション・プロセッサ「RC32365 Interprise アクセス・プロセッサ」を発表した。今回の製品は、IDT社の統合コミュニケーション・プロセッサでは初めてのセキュリティ・エンジンを搭載した通信向けプロセッサ。AESなどの最新セキュリティ規格をサポートし、また、暗号アプリケーションを可能にする乱数ジェネレータを内蔵しており、VPN向けのソリューションとなっている。同製品は現在サンプル提供中で、量産供給は今年夏から開始する予定。価格は17USドル〜。

http://www.idt.co.jp/releases/rel03/03_04_08.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×