セキュリティエンジン内蔵のコミュニケーション・プロセッサを発表(米IDT) | ScanNetSecurity
2022.05.20(金)

セキュリティエンジン内蔵のコミュニケーション・プロセッサを発表(米IDT)

 米IDT社は4月8日、ハードウェアで高速化されたインターネット・プロトコル・セキュリティ(IPSec)機能を持つ新しい統合コミュニケーション・プロセッサ「RC32365 Interprise アクセス・プロセッサ」を発表した。今回の製品は、IDT社の統合コミュニケーション・プロセ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米IDT社は4月8日、ハードウェアで高速化されたインターネット・プロトコル・セキュリティ(IPSec)機能を持つ新しい統合コミュニケーション・プロセッサ「RC32365 Interprise アクセス・プロセッサ」を発表した。今回の製品は、IDT社の統合コミュニケーション・プロセッサでは初めてのセキュリティ・エンジンを搭載した通信向けプロセッサ。AESなどの最新セキュリティ規格をサポートし、また、暗号アプリケーションを可能にする乱数ジェネレータを内蔵しており、VPN向けのソリューションとなっている。同製品は現在サンプル提供中で、量産供給は今年夏から開始する予定。価格は17USドル〜。

http://www.idt.co.jp/releases/rel03/03_04_08.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×