日本語脆弱性情報サービス「SIOSデータベース」を発売(横河電機) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

日本語脆弱性情報サービス「SIOSデータベース」を発売(横河電機)

 横河電機株式会社は4月1日、ネットワーク・セキュリティ対策のための日本語脆弱性情報サービス「SIOS(サイオス)データベース」を開発、同日より販売開始すると発表した。「SIOSデータベース」は、米シマンテック社の"SecurityFocus脆弱性データベース"を日本語化し、

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 横河電機株式会社は4月1日、ネットワーク・セキュリティ対策のための日本語脆弱性情報サービス「SIOS(サイオス)データベース」を開発、同日より販売開始すると発表した。「SIOSデータベース」は、米シマンテック社の"SecurityFocus脆弱性データベース"を日本語化し、日本版ソフトウェアに関する脆弱性情報や横河電機独自の分類評価に関する情報を加味して開発されたもの。脆弱性情報はXML形式で提供されるため、ユーザ独自の付加価値サービスや他のアプリケーションとの連携が可能となっている。価格は、カスタム化/オプション情報有のプラチナパックが1000万円/年、ゴールドパックが100万円/年。

http://www.yokogawa.co.jp/News/press/0304/030401j.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×