3月のウイルス感染被害レポートを発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2022.05.20(金)

3月のウイルス感染被害レポートを発表(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は、2003年3月度のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。3月の1位は相変わらず「WORM_KLEZ」で406件。続く2位は「VBS_REDLOF.A」、3位は「WORM_BUGBEAR.A」。また、3月に発見された「WORM_DELODER.A」が被害件数83件で5位にあがって

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は、2003年3月度のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。3月の1位は相変わらず「WORM_KLEZ」で406件。続く2位は「VBS_REDLOF.A」、3位は「WORM_BUGBEAR.A」。また、3月に発見された「WORM_DELODER.A」が被害件数83件で5位にあがっている。このワームは、Windows2000/XP環境で活動を行い、自信のコピーをネットワーク経由で頒布する不正プログラム。TCPポート445番を通じてネットワーク上のコンピュータに対し、Administratorとしてリモートログインを試み、あらかじめ用意したありがちなパスワードをすべて試す。被害が広がった原因は、見過ごされがちなポート445番を狙っていること、安易なパスワードを設定しているユーザが多かったこと、としている。

http://www.trendmicro.com/jp/security/report/report/archive/2003/mvr0303.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×