3月のウイルス届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity
2022.01.18(火)

3月のウイルス届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ)

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は4月3日、2003年3月におけるコンピュータウイルスの届出状況を発表した。3月はW32/Lovgateの亜種が一時的に発生し、日本でもいくつかの感染が報告されている。現在、ウイルスの発生状況そのものは比較的短い時間で沈静化している

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は4月3日、2003年3月におけるコンピュータウイルスの届出状況を発表した。3月はW32/Lovgateの亜種が一時的に発生し、日本でもいくつかの感染が報告されている。現在、ウイルスの発生状況そのものは比較的短い時間で沈静化しているとのこと。しかし依然として1位はKlez。また、Microsoft VMの脆弱点を利用するJS/Fortnight.b@MとVBS/Redlof@Mが一部で流行し、2位と3位にあがっている。

http://www.nai.com/japan/prelease/prelease.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×