Linuxメールサーバ向けウイルス対策ソフトを発売(富士マグネティスク) | ScanNetSecurity
2022.01.17(月)

Linuxメールサーバ向けウイルス対策ソフトを発売(富士マグネティスク)

 富士マグネディスク株式会社は3月31日、小規模なLinuxメールサーバを使用されているユーザに向けた「アンチウイルス for Linux Office Edition」を4月下旬より販売すると発表した。同製品は、現在発売中の「アンチウイルス for Linuxシリーズ」の機能をパッケージ化し

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 富士マグネディスク株式会社は3月31日、小規模なLinuxメールサーバを使用されているユーザに向けた「アンチウイルス for Linux Office Edition」を4月下旬より販売すると発表した。同製品は、現在発売中の「アンチウイルス for Linuxシリーズ」の機能をパッケージ化し、パソコンショップ店頭で気軽に購入できるようにしたもの。25ユーザまでの小規模Linuxメールサーバに簡単にウイルス対策機能を追加し、ウイルスによる被害・加害を防ぐことができる。また、サーバ内のファイルのウイルス検出機能も付加されており、スケジューリングによるファイルサーバやWebファイルの定期的なウイルス検出が可能となっている。価格は初年度98,000円(次年度更新料58,800円)。

http://www.fujifilm.co.jp/news_r/nrj1057.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×