Linuxメールサーバ向けウイルス対策ソフトを発売(富士マグネティスク) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

Linuxメールサーバ向けウイルス対策ソフトを発売(富士マグネティスク)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 富士マグネディスク株式会社は3月31日、小規模なLinuxメールサーバを使用されているユーザに向けた「アンチウイルス for Linux Office Edition」を4月下旬より販売すると発表した。同製品は、現在発売中の「アンチウイルス for Linuxシリーズ」の機能をパッケージ化し、パソコンショップ店頭で気軽に購入できるようにしたもの。25ユーザまでの小規模Linuxメールサーバに簡単にウイルス対策機能を追加し、ウイルスによる被害・加害を防ぐことができる。また、サーバ内のファイルのウイルス検出機能も付加されており、スケジューリングによるファイルサーバやWebファイルの定期的なウイルス検出が可能となっている。価格は初年度98,000円(次年度更新料58,800円)。

http://www.fujifilm.co.jp/news_r/nrj1057.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×