小規模ビジネス向け製品「Firebox 500」を発売(米ウォッチガード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

小規模ビジネス向け製品「Firebox 500」を発売(米ウォッチガード)

 米ウォッチガード・テクノロジーズ社は3月25日、小規模ビジネスを対象としたファイアウォール製品、「Firebox 500」を同日より販売開始すると発表した。同製品は、リモートアクセスおよび社外で活動する従業員との安全な接続を必要とする小規模オフィス向けにデザイン

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米ウォッチガード・テクノロジーズ社は3月25日、小規模ビジネスを対象としたファイアウォール製品、「Firebox 500」を同日より販売開始すると発表した。同製品は、リモートアクセスおよび社外で活動する従業員との安全な接続を必要とする小規模オフィス向けにデザインされた製品で、75Mbpsのファイアウォール・スループットを実現すると同時に、最高50本のモバイルユーザVPNトンネルをサポートする。また、プロキシを通じてデータ・ストリーム全体をチェックし、危険な添付ファイルを検知するステートフル・パケット・フィルタリング機能とアプリケーション層インスぺクション機能などが搭載されている。希望価格は350,000円。日本国内のウォッチガード製品ディストリビュータおよび販売代理店にて購入可能とのこと。

http://www.watchguard.co.jp/press/WG20030325.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×