2003年3月「トップ10ウイルス」を発表(ソフォス) | ScanNetSecurity
2022.01.19(水)

2003年3月「トップ10ウイルス」を発表(ソフォス)

 ソフォス株式会社は3月31日、2003年3月におけるコンピュータ・ウイルスの報告数をまとめた「トップ10ウイルス」を発表した。同レポートによると、第1位は、全体報告数の15.3%を占める「klez」。先月より報告の割合が増加しており、未だ感染は弱まっていない。新たにト

製品・サービス・業界動向 業界動向
 ソフォス株式会社は3月31日、2003年3月におけるコンピュータ・ウイルスの報告数をまとめた「トップ10ウイルス」を発表した。同レポートによると、第1位は、全体報告数の15.3%を占める「klez」。先月より報告の割合が増加しており、未だ感染は弱まっていない。新たにトップ10入りした新ウイルスは、3位「Gibe」と9位のトロイの木馬「NoClose」。「Gibe」は電子メール送信型のワームで、KaZaAピアツーピア経由で自身をダウンロードできるようにして蔓延する。同社では、2003年3月中に新たに883種の新種ウイルスを検出し、駆除対応したとのこと。

http://www.sophos.co.jp/pressoffice/pressrel/20030331topten.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×