サーバにデータを残さない個人認証基盤技術を研究(ターゲットワン) | ScanNetSecurity
2021.02.25(木)

サーバにデータを残さない個人認証基盤技術を研究(ターゲットワン)

 ターゲットワン株式会社は、従来までの携帯電話2次元コード認証よりも、サーバ側のセキュリティを強化し、認証処理速度が向上するハッシュ法を用いた認証技術の開発を開始すると発表した。新技術は、2次元コード情報を複数のハッシュテーブルでアドレッシングする事で

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 ターゲットワン株式会社は、従来までの携帯電話2次元コード認証よりも、サーバ側のセキュリティを強化し、認証処理速度が向上するハッシュ法を用いた認証技術の開発を開始すると発表した。新技術は、2次元コード情報を複数のハッシュテーブルでアドレッシングする事で、本来照合されるはずの2次元コード情報をサーバ側に保有する事無く、認証を行うことを可能とするもの。2次元コードを破棄する事で記憶容量が少ないサーバでも運用が可能になるほか、処理速度の向上やサーバ情報が漏洩した場合の安全性も強化できる。

http://www.target-one.co.jp/news/press.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×