無線LAN調査でDrive-By Hackingの脅威の増加が判明(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.02.27(土)

無線LAN調査でDrive-By Hackingの脅威の増加が判明(米RSA Security)

 米RSA Securityは3月17日、同社が行った無線LANに関する2回目の年次調査で、「Drive-By Hacking」の脅威がいまだに増加中であると発表した。今回の調査は、企業の無線ネットワークに車やビルからハッカーがアクセスできる危険度を数値化したもの。この調査はロンドンで

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米RSA Securityは3月17日、同社が行った無線LANに関する2回目の年次調査で、「Drive-By Hacking」の脅威がいまだに増加中であると発表した。今回の調査は、企業の無線ネットワークに車やビルからハッカーがアクセスできる危険度を数値化したもの。この調査はロンドンで行われ、ロンドン周辺の企業で展開されている無線ネットワークの数はこの1年間で300%増加したという。昨年と同じ手順、同じルートに従った今回の調査によって、対象となったネットワークの63%がデフォルト構成のままになっており、多くの企業がセキュリティ対策を怠っていることが明らかになった。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200303172.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×