アプリケーションレベルで検査するファイアウォール(米シマンテック) | ScanNetSecurity
2021.03.08(月)

アプリケーションレベルで検査するファイアウォール(米シマンテック)

 米シマンテックは3月7日、増え続けるネットワーク脆弱性に対して、アプリケーション・レベルでの検査が可能なファイアウォールの使用を推奨する発表を行った。同社が先月発表した「Internet Security Threat Report」によると、危険度「中」または「高」の脆弱性が、2

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米シマンテックは3月7日、増え続けるネットワーク脆弱性に対して、アプリケーション・レベルでの検査が可能なファイアウォールの使用を推奨する発表を行った。同社が先月発表した「Internet Security Threat Report」によると、危険度「中」または「高」の脆弱性が、2001年に比べ2002年では1年間で84.7%増加している。シマンテックでは、最近指摘されたsendmailのヘッダ処理に関する脆弱性などのネットワーク脆弱性に対する保護手段として、インターネットに直接接続しているファイアウォールをアプリケーション検査モードで使用することを推奨している。同社のアプリケーション・プロキシ・タイプのファイアウォールは、アプリケーション層までカバーするセキュリティ機能を採用し、パッチの適用されていないsendmailサーバをデフォルトで防ぐことができる。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year03/030311.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×