VoIPセキュアゲートウェイ技術を開発(富士通研究所) | ScanNetSecurity
2021.03.05(金)

VoIPセキュアゲートウェイ技術を開発(富士通研究所)

 株式会社富士通研究所は、ファイアウォールで守られた企業などのイントラネット内のIP電話と、一般家庭などのIP電話とをセキュリティを保持したまま安全に接続するVoIPセキュアゲートウェイ技術を開発した。新技術は、イントラネットとインターネットの間のDMZ(De-Mi

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社富士通研究所は、ファイアウォールで守られた企業などのイントラネット内のIP電話と、一般家庭などのIP電話とをセキュリティを保持したまま安全に接続するVoIPセキュアゲートウェイ技術を開発した。新技術は、イントラネットとインターネットの間のDMZ(De-Militarized Zone:非武装地帯)に中継ポイントを設置し、そこでTCPを使った接続のみを行う「コネクション制御」を採用。加えて、それぞれのIP電話プロトコルを変換し、特定パケットのみを送受信する「メタIP電話プロトコル」をこれに組み合わせることで、ファイアウォールをまたいで送受信されるデータ通信の安全性を高めているのが特長。製品化は2003年中の予定。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2003/02/24.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×