F-Secure SSH Unix版、Mac版の新バージョンを発表(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

F-Secure SSH Unix版、Mac版の新バージョンを発表(日本エフ・セキュア)

 日本エフ・セキュア株式会社は2月27日、F-Secure SSH Unix版およびMac版の新バージョンを発表した。F-Secure SSHは業界標準のネットワーク暗号化ツール。クライアントとサーバ間で社内LANおよびインターネット上を通過する各種トラフィックを暗号化し、第三者によるパ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本エフ・セキュア株式会社は2月27日、F-Secure SSH Unix版およびMac版の新バージョンを発表した。F-Secure SSHは業界標準のネットワーク暗号化ツール。クライアントとサーバ間で社内LANおよびインターネット上を通過する各種トラフィックを暗号化し、第三者によるパスワード取得、盗聴、改ざん、なりすまし等を未然に防ぐ。Unix版は導入・運用に関わる技術サポート、バグ対応やユーザ要求にあわせた機能向上を特長としている。
 今回発表されたのは、「F-Secure SSH Unix版 3.2.0(サーバおよびクライアント)」「F-Secure SSH クライアント Mac版 2.41」の2製品。バージョンアップしたUnix版では、構成定義副ファイルによる個別指定、キーボード・インタラクティブの認証サポート、Solaris/HP-UX/AIXにおけるchroot対応機能などが追加されている。また、Mac版ではMac OS Xをサポートしている。両製品は、2月27日よりサポート契約ユーザに対するWebからのソフトウェアダウンロードおよび媒体送付が開始される。

http://www.f-secure.co.jp/news/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×