VPN/セキュリティの処理性能を向上させるSecureXL技術が米国特許を取得(米Check Point Software Technologies) | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

VPN/セキュリティの処理性能を向上させるSecureXL技術が米国特許を取得(米Check Point Software Technologies)

 米Check Point Software Technologies社は、VPN/セキュリティの処理性能において10倍の高速化を可能にする同社のSecureXL技術が、米国特許を取得したと発表した。特許番号は6,496,935。同技術は、単純かつ集中的な演算処理が必要な機能を、サード・パーティのパケット

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米Check Point Software Technologies社は、VPN/セキュリティの処理性能において10倍の高速化を可能にする同社のSecureXL技術が、米国特許を取得したと発表した。特許番号は6,496,935。同技術は、単純かつ集中的な演算処理が必要な機能を、サード・パーティのパケット・プロセッサに割り振ることで、ファイアウォールおよびVPNゲートウェイのパフォーマンスを向上させるもの。

http://www.checkpoint.co.jp/pr/2003/20030224.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×