ホスティングサービス事業でウイルスチェックサービスを提供開始(スタジオマップ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

ホスティングサービス事業でウイルスチェックサービスを提供開始(スタジオマップ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社スタジオマップは2月10日、ホスティングサービス事業におけるメールのウイルスチェックサービスを開始したと発表した。今回のサービスは、同社が提供するホスティングサービス「SPPDレンタルサーバー」のオプションメニューとして提供するもの。ウイルスチェックには、日本ネットワークアソシエイツ株式会社のゲートウェイウイルス対策アプライアンス「WebShield e500 Appliance」が採用されている。同サービスの提供により、メールソフトの設定を変更することなく、メールの送受信時にウイルスチェックが行われ、ウイルスが検知された際には、駆除および検知・駆除のお知らせが届く。また、パターンファイルの自動更新、常時最新のウイルス定義ファイルが提供される。

http://www.sppd.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×