東北インフォメーション・システムズがPKIプラットフォームを採用(日本ベリサイン) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

東北インフォメーション・システムズがPKIプラットフォームを採用(日本ベリサイン)

 日本ベリサイン株式会社は、東北電力企業グループの東北インフォメーション・システムズ(TOiNX)が電子認証サービス事業に同社のPKIプラットフォームを採用したと発表した。TOiNXは昨年度より電子認証サービス事業を展開してきたが、ベリサインの認証局構築のための技

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本ベリサイン株式会社は、東北電力企業グループの東北インフォメーション・システムズ(TOiNX)が電子認証サービス事業に同社のPKIプラットフォームを採用したと発表した。TOiNXは昨年度より電子認証サービス事業を展開してきたが、ベリサインの認証局構築のための技術や運用ノウハウ等を活用し、東北電力ブランドでの独自の電子認証サービス事業を展開するため、採用を決定した。また、TOiNXでは、日本ベリサインのコンサルティングにより、「電子署名及び認証業務に関する法律」に基づく特定認証業務の認定を昨年12月に取得し、国土交通省を中心とする電子入札対応認証サービスも開始している。

http://www.verisign.co.jp/press/2003/pr240_tonix.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×