東北インフォメーション・システムズがPKIプラットフォームを採用(日本ベリサイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

東北インフォメーション・システムズがPKIプラットフォームを採用(日本ベリサイン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本ベリサイン株式会社は、東北電力企業グループの東北インフォメーション・システムズ(TOiNX)が電子認証サービス事業に同社のPKIプラットフォームを採用したと発表した。TOiNXは昨年度より電子認証サービス事業を展開してきたが、ベリサインの認証局構築のための技術や運用ノウハウ等を活用し、東北電力ブランドでの独自の電子認証サービス事業を展開するため、採用を決定した。また、TOiNXでは、日本ベリサインのコンサルティングにより、「電子署名及び認証業務に関する法律」に基づく特定認証業務の認定を昨年12月に取得し、国土交通省を中心とする電子入札対応認証サービスも開始している。

http://www.verisign.co.jp/press/2003/pr240_tonix.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×