日本ベリサインのPKI技術を採用した電子認証事業を開始(四国電力) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

日本ベリサインのPKI技術を採用した電子認証事業を開始(四国電力)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 四国電力株式会社は、社内用に構築・運用している電子認証システムを活用して、電子認証事業に参入することを発表した。プラットフォームには日本ベリサインのPKI技術を採用。これに子会社のSTNetが受け持つ設備の運用や業務処理、技術サポートなどのノウハウを組み合わせて、自社のブランド力と販売チャネルを活かした独自の電子認証サービス事業を展開する。主な対象は、自治体や医療機関、金融機関など。今後のスケジュールとしては、電子認証システムの構築・運用のアウトソーシングサービスを7月から、電子入札用の電子証明書の発行サービスを11月から提供開始する予定。

四国電力、電子認証事業への参入について
http://www.yonden.co.jp/press/re0301/j0ypr005.htm
日本ベリサインの発表
http://www.verisign.co.jp/press/2003/pr241_yonden.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×