Ernst & Youngがユーザ・アクセス・サービスにRSA SecurIDを採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

Ernst & Youngがユーザ・アクセス・サービスにRSA SecurIDを採用(米RSA Security)

 米RSA Securityと英国Ernst & Young Global社は1月22日、RSA ACE/Server 5.0を採用し、自社のユーザ認証インフラを統合・拡張したと発表した。RSA ACE/Server 5.0は、企業における複数のWebベース・アプリケーションへのユーザ・アクセス運用管理/認証を容易にするソフ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityと英国Ernst & Young Global社は1月22日、RSA ACE/Server 5.0を採用し、自社のユーザ認証インフラを統合・拡張したと発表した。RSA ACE/Server 5.0は、企業における複数のWebベース・アプリケーションへのユーザ・アクセス運用管理/認証を容易にするソフトウェア。最大10台の同時認証サーバを用いたデータベース・レプリケーション、負荷分散、LADP v3サポートなどにより、複数のユーザをサポート可能とする。Ernst & Youngは1997年よりRSA SecurIDを利用しており、今回このRSA SecurID二要素認証との連携により、中央集中化したユーザ管理/運用管理を実現した。また、アップグレードされたインフラは、Ernst & Youngの国内業務および世界中の11万人の社員に対しても、新規ネットワーク・アクセス・サービスにおいてコスト削減とスピードアップを可能とした。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200301221.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×