2002年下半期の Internet Security Threat Report を発表(米Symantec) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

2002年下半期の Internet Security Threat Report を発表(米Symantec)

 米Symantecは2月4日、2002年下半期のサイバー・セキュリティの動向をまとめた「Internet Security Threat Report(インターネット・セキュリティ脅威レポート)」を発表した。このレポートは、ネットワーク上の攻撃、脆弱性、不正なコードに関する30テラバイト以上のデ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米Symantecは2月4日、2002年下半期のサイバー・セキュリティの動向をまとめた「Internet Security Threat Report(インターネット・セキュリティ脅威レポート)」を発表した。このレポートは、ネットワーク上の攻撃、脆弱性、不正なコードに関する30テラバイト以上のデータをまとめた分析レポート。
 同レポートによると、サイバー攻撃活動の件数が史上初めて減少し、2002年下半期の合計件数は上半期に比べ6%減少しているとのこと。攻撃件数、深刻なダメージの発生率が最も多かったのは、電力会社とエネルギー関連企業。しかし、新しい脆弱性の数は2,524件にのぼり、2001年と比べ81.5%増加している。不正なコードとして報告件数が多かったのは、依然として「Opaserv」などの複合型の脅威だが、「CodeRed」以前の脅威に比べると、与えるダメージが大幅に少なくなっているとのこと。
 同レポートは年に2回無償で発表しており、米SymantecのWebサイト(英語)にて閲覧可能となっている。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year03/030204.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×