2002年下半期の Internet Security Threat Report を発表(米Symantec) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.25(水)

2002年下半期の Internet Security Threat Report を発表(米Symantec)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米Symantecは2月4日、2002年下半期のサイバー・セキュリティの動向をまとめた「Internet Security Threat Report(インターネット・セキュリティ脅威レポート)」を発表した。このレポートは、ネットワーク上の攻撃、脆弱性、不正なコードに関する30テラバイト以上のデータをまとめた分析レポート。
 同レポートによると、サイバー攻撃活動の件数が史上初めて減少し、2002年下半期の合計件数は上半期に比べ6%減少しているとのこと。攻撃件数、深刻なダメージの発生率が最も多かったのは、電力会社とエネルギー関連企業。しかし、新しい脆弱性の数は2,524件にのぼり、2001年と比べ81.5%増加している。不正なコードとして報告件数が多かったのは、依然として「Opaserv」などの複合型の脅威だが、「CodeRed」以前の脅威に比べると、与えるダメージが大幅に少なくなっているとのこと。
 同レポートは年に2回無償で発表しており、米SymantecのWebサイト(英語)にて閲覧可能となっている。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year03/030204.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×