セキュリティ管理体制を問われたSlammerの感染(セコムトラストネット) | ScanNetSecurity
2022.08.13(土)

セキュリティ管理体制を問われたSlammerの感染(セコムトラストネット)

 セコムトラストネット株式会社より、Slammerについての見解が発表された。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 セコムトラストネット株式会社より、Slammerについての見解が発表された。

 「1月25日 各種報道機関より、警告があった「Slammer ワーム」の攻撃対象となるSQLサーバの脆弱性は、昨年すでにセキュリティ情報を扱うサイトから報告されていました。今回の件は、ネットワーク環境のセキュリティ管理体制が問われた1例となったでしょう。」(セコムトラストネット)

 同社の提供する「セコム不正侵入検知サービス」では、年2回のセキュリティ診断、また「セコムセキュリティ診断サービス」において、ネットワーク環境に潜む脆弱性を検出し、最適な対策方法を報告する。また、「セコム不正侵入検知サービス」において、日々の不正アクセス検出報告、月毎の不正アクセスログ分析、最新のセキュリティ情報の報告等も行っており、ネットワーク環境におけるセキュリティ対策の運用を支援している。

◆セコム不正侵入検知サービス概要
http://www.secomtrust.net/service/watch/antihack/antihack.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×