オープンソースソフトウェアのセキュリティ確保調査(ドラフト版)を公開(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

オープンソースソフトウェアのセキュリティ確保調査(ドラフト版)を公開(IPA/ISEC)

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は1月27日、「オープンソース・ソフトウェア(OSS)のセキュリティ確保」に関する調査のドラフト版を公開した。この調査は、OSS利用者のためのガイド作成を目的としたもの。調査報告は、「OSSのセキュリティ確保

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は1月27日、「オープンソース・ソフトウェア(OSS)のセキュリティ確保」に関する調査のドラフト版を公開した。この調査は、OSS利用者のためのガイド作成を目的としたもの。調査報告は、「OSSのセキュリティ確保」「OSSの効率的な検査技術の調査」「セキュアな実行コードの生成・実行環境技術に関する調査」「OSSをセキュアに保つための運用ガイド」の4部で構成されている。IPA/ISECでは、報告書に対する意見を募集しており、今後、同報告書に反映させていくとのこと。

http://www.ipa.go.jp/security/fy14/reports/oss_security/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×