セキュリティベンダ トリップワイヤ・ジャパンで202名の報道関係者情報漏洩 | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

セキュリティベンダ トリップワイヤ・ジャパンで202名の報道関係者情報漏洩

セキュリティベンダ トリップワイヤ・ジャパン株式会社は、1月27日配信したプレスリリースであやまって、202名の報道関係者の名前とメールアドレスを流出した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
セキュリティベンダ トリップワイヤ・ジャパン株式会社は、1月27日配信したプレスリリースであやまって、202名の報道関係者の名前とメールアドレスを流出した。

同社がプレスリリースを配信する際に、謝って配信先全員の個人名とメールアドレスが全員に見える形で配信されてしまった。所属企業、媒体名などは、メールアドレスのドメインから容易に推定できるものがほとんどだった。同社はすぐにミスに気づき、お詫びのメールを送信した。

今回の配信ミスは、人的ミスであった。通常、メールあるいはメールマガジンで顧客など重要な先とのコミュニケーションを図る際には、人的ミスを防止するような機構を採用することが行われている。例えば、メール配信システムのASPサービスを利用すれば今回のようなことは起こらない。

セキュリティ製品を扱う同社としては、あってはならないミスであったといえる。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×