米国空軍とソフトウェア保護イニシアティブ契約を締結(米ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity
2022.08.13(土)

米国空軍とソフトウェア保護イニシアティブ契約を締結(米ネットワークアソシエイツ)

 米ネットワークアソシエイツは1月21日、同社の情報セキュリティ研究開発機関 NAIラボ(Network Associates Laboratories)が、米国空軍からソフトウェア保護イニシアティブ契約を獲得したと発表した。今回の契約は、保護された安全な開発リポジトリの構築、ソフトウェ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米ネットワークアソシエイツは1月21日、同社の情報セキュリティ研究開発機関 NAIラボ(Network Associates Laboratories)が、米国空軍からソフトウェア保護イニシアティブ契約を獲得したと発表した。今回の契約は、保護された安全な開発リポジトリの構築、ソフトウェアのリバースエンジニアリングの防止の2つを柱にした研究プロジェクト。情報セキュリティシステムの新技術開発を目的とし、また、政府プログラム Software Projection Intiative の一環をなしている。今後2年半で総額180万ドルが米国空軍の研究機関 AFRL(Air Force Research Laboratories)からNAIラボに供与される。

http://www.nai.com/japan/prelease/prelease.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×