【マンスリーレポート 2002/12】規範となるべき事後対応( 花王 ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.22(日)

【マンスリーレポート 2002/12】規範となるべき事後対応( 花王 )

製品・サービス・業界動向 業界動向

 12月10日、Scan編集部の調査により、シャンプーや石鹸等家庭用製品の老舗企業、花王の関連HPでWEB アプリケーションの脆弱性が発見された。花王では当日に対応を完了。その経緯や対応完了後の課題抽出等を、今月の事後対応レポートとしてお送りする。


>>【 経 緯 】〜消費者相談センターから情報システム部門へ

 脆弱性が見つかったのは、花王の化粧品関連サイト「SOFINA」。当時「 http://www.sofina.co.jp/ 」に設置されていた会員用 cgi "Update.asp" は、第三者の入力した任意のHTMLタグおよびスクリプトをそのまま出力するようになっていた。悪意ある者がこの点をついて、ページ偽装やセッションハイジャックなどが可能となる。

 12月10日の11:30、編集部から花王に第一報を入れる。問題の概要と利用者に対するリスク、想定される悪用方法や対処方法等を記し、花王のホームページ上にある問合せフォームから送信した。

 同日の15時、花王から編集部宛てにメールが届き、御礼および問合せフォームから入力できる文字数が限られているためメール後半部分が届いておらず、再度こちら(個人アドレス)へ送付願いたい旨、記載されていた。10分後、編集部からメールを再送信。

 そして同日の18:00、花王から編集部へメールが届く。16:40に該当プログラムの修正が完了したことに関する報告である。では、完了までどういったやりとりがなされたのか、伺ってみよう。

花王コメント:
『最初の第一報を送っていただいた問合せ窓口は、消費者相談センターへ届くようになっています。弊社には複数の窓口がありますが、それぞれ案件によってどの部門へ振り分けるか、といった一定のルールはあらかじめ決まっています。それに基づいて、頂いたメールは情報システム部門へ渡り、その後に広報部門、コンテンツを含む統括的役割を担うメディア部門インターネット推進室等へ、本件が伝わっていきました』

 また問題発生時、部門間の伝達フローは「インターネットに関する案件だから」と軽んじることはなく、流通等で生じるリスクと同等と考え、基本フローに準じた形で構築しているとのことだ。


>>【 今後の対応 】〜不正アクセス有無の確認とセキュリティ監査

 さて、同日に該当個所の修正は完了した。しかし大きな意味で捉えると、事後対応の場合は「何をもって」完了したかは定義づけが難しい。もちろん、サービスを利用するユーザが被害を被らないようにする技術的対処が最優先課題であり、その後、問題の質によっては様々な調査や新規対策が必要とされるだろう。


[ Prisoner DAMLAK ]


※詳細な技術解説は「Scan WEB Security」誌に掲載された。
http://shop.vagabond.co.jp/m-sws01.shtml


(詳しくはScan Incident Reportをご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-sir01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  4. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  5. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  6. 30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

  7. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  8. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  9. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  10. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×